カートを見る マイページ ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ AROMASTAR

アロマが認知症に役立つってホント?

昨年、アロマが認知症の予防・改善に効果があるとテレビ番組「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」で浦上克哉先生(鳥取大学医学部教授、日本認知症予防学会理事長)が紹介し、大反響がありました。 超高齢社会で認知症を患う人が増えるなか、香りを嗅ぐだけで認知症の予防につながるという内容は衝撃的で、アロマ事業で社会貢献を社是とする弊社におきましては、知識の普及にとどめず実践・継続につなげる使命を負う覚悟を 持つにいたしました。


1.メカニズム

メカニズム

2.予防が第一

65歳を過ぎると認知症の危険度がどんどん高くなります。認知症と診断されて慌てるのではなく、早いうちから予防を始めることが効果的です。アルツハイマー型認知症は、原因物質(アミロイドβ等)が脳内に蓄積・増殖することで 脳の神経細胞が破壊され、記憶を司る海馬が委縮して起こります。アミロイドβの蓄積は50歳以前から始まっているとされています。したがって、40代からでも早すぎることはありません

「私はまだ若いから大丈夫。」「そんなの効かない。」効果があると言われていることをまやかしだと思ってやらない人は、やる人に比べて脳の機能が落ちやすいと言われています。 この度の研究結果を活かす活かさないは自分自身の判断ですが、香りを嗅ぐだけで効果が期待できるきわめて手軽な方法ですので、実践する価値は十分あると思います。

ページトップへ